観葉植物の葉は拭いてあげましょう

葉っぱの大きなタイプの観葉植物は見栄えも良いですが、部屋に入れておくと雨も当たらないため、ほこりが積もります。そのままだと汚らしく見えるだけでなく、上手に葉っぱから呼吸ができなくなってしまいます。また、ホコリが湿気を吸着して虫を呼んだりと、良いことがありません。もし庭があったりベランダがあったりする家なら、植物を全部外に出して水をかけてあげるときれいになります。雨が降る頃に庭にしばらく置いて、自然の雨に当ててやるという手段もあります。ベランダや庭がない場合には水拭きをするのがおすすめです。霧吹きで葉っぱに水を吹きかけて、キッチンペーパーなどでさっと拭くだけで十分きれいになります。念を入れたいならコットンで二度拭きをすると、細かいところの汚れも落ちてすっきりします。とげのあるような葉っぱなら、軍手をした手で拭くのもいいでしょう。



観葉植物の特徴を知ろう



観葉植物について、どのような特徴があるのかを知って上手に育ててもらうことをおすすめしておきます。まず、この植物は南国の植物でとても育てやすいものであるということを知っておいてください。それからこの植物は北の地方の植物に比べてみても育ちが早く、緑がとても鮮やかであるということが特徴としてあります。殆どの方が室内で育てて失敗される方が多いのですが、それには日照が不足してだめになることが多い様です。そのため、半日程度はガラス越しなどで日光を浴びることをさせてください。また、観葉植物については、環境の変化にも強く、それから生命力が強いものが多いため、あまり神経質にならなくても忘れたころのみずやりと日光に当てることをしておくだけで簡単に育つ植物であるということを知って家庭でも育ててみることをおすすめしておきます。



観葉植物を育てるときのアドバイス



観葉植物は、園芸店やホームセンター、インターネット通販でも購入できるので、多くの人が趣味として楽しんでいます。初めて育ててみたいという人は、日陰でも育てやすく、乾燥にも強い商品を選ぶようにすると良いでしょう。室内で育てたいという人が多いので、鉢の表面が乾いてきたら、たっぷりの水を与えてあげるようにすると良いでしょう。室内で育てる時はエアコンの風が直接当たらない所に置くようにして、葉の表面が乾いていたら、霧吹きなどをしてあげるようにして下さい。数多くの種類があり、育て方にも違いがあるため、本を読んでおくようにして、必要な知識を身に付けておく必要があります。きちんとお手入れをすることで、長く観賞ができるので、信頼できるお店で購入する必要があります。丈夫な種類の植物であれば、室外で育てることも可能です。

観葉植物は買ってから約2年ぐらいが成長して植え替えのタイミングです。 観葉植物は熱帯地域が原産の植物が多いため、寒さ対策をしっかり行いましょう。 観葉植物はリラクゼーション効果もいっぱい! 植物の管理に適した温暖な三重県です。高速道路のインターにも近くお越しの際も便利です。 土を必要としないのでエアープランツは器などに入れても楽しめます。