観葉植物の風水効果とは

我が家には観葉植物が何種類か置いてあります。植物が家の中にあると、見た目も華やかになりますし、気分もすっきりします。値段も数百円のものから数千円のものまで、沢山の種類のものがあります。育て方を間違えてしまって、何度か枯らしてしまったこともありました。そこで、ネットで調べて比較的育てるのが簡単なものを購入するようになりました。パキラやガジュマルなどが好きで、お手入れもわりと楽なのですごく助かります。また、風水的にも観葉植物は良いと言うことで有名です。我が家も風水的な要素を取り入れて、植物を置いています。観葉植物は比較的どの位置においても運気が良いということなので、いつの間にか植物に囲まれていました。しかし、空気が浄化されて気分がすっきりするような気がしています。植物を枯らしてしまっていた時は、何となく気分も落ちていた気がしますが、植物が元気に育っている今は、自分も元気な気がします。

観葉植物にも植え替えは必要です

観葉植物は成長が緩やかなものが多く、あまりこまめに手入れをしなくても育ってくれることが多いです。しかし、種類によっては成長が旺盛だったり、また長年育てていると株が大きくなったりもしてきます。そういうときには植え替えてあげるのがいいでしょう。特に世話を変えたわけではないのに最近植物に元気がなくなったとか、水もしっかりやっているのに急に枯れだしたなどという症状がある場合、根詰まりの可能性があります。鉢に根っこがまわってしまい、上手に水や栄養を吸収できなくなっています。一回り大きな鉢に植え替えるか、株を二つにわけて鉢をわけるのが良いでしょう。株を増やしたくないとか、鉢を増やしたくないなどというときには、まわってしまった根っこを少し切るという方法もあります。植え替えたあとはいつもよりこまめにケアをしてあげましょう。

観葉植物の育て方のコツ

観葉植物の育て方がわからないといわれる方へどのように育てれば良いのかをお伝えしておきます。まず、みずやりについてですが、これは植物や置いてある環境によって違いがありますが、朝晩あげなければならないというものではありません。土の乾き具合などによって変えてみることがおすすめです。その中でも、春と秋については成長期になるので、たくさん水をあげても大丈夫です。その際のポイントとして、しっかりとあげ、その後数日は土が完璧に乾燥するまで放置した状態で大丈夫です。それから次は、日当たりについてです。もともと暑いところで育つ植物ですのでしっかりと日に当てることをおすすめしておりますが、日中留守などの場合には窓際などに置いておくとよく育ちます。冬についてはそれプラス温かい場所に置いてあげることがポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*