陽当たりで選びたい観葉植物

観葉植物を選ぶときには、部屋の陽当たりを把握するのがポイントです。日陰を好む植物に直射日光が当たるとすぐに枯れてしまいますし、陽当たりの良いところが好きな植物を暗い部屋で育てると生育が悪くなります。南向きでがんがん日が当たるなら、ガジュマルやシェフレラなどがおすすめです。シェフレラは特に丈夫な植物で、暑さに強いだけでなく寒さにも強く、さらに少しくらい日が当たらなくても枯れません。でも日が当たる場所が好きな植物なので、なるべく日に当ててあげましょう。レース越しの日光くらいがちょうどいいのが、サンセベリアやアイビーです。葉が日に焼けないよう、直射日光を避けてあげましょう。蛍光灯の光でも十分育ってくれるのがポトスやパキラです。こけ玉やエアープランツなどなら、もっと多様な楽しみ方が可能になってきます。

観葉植物を置いて、生活に潤いを

ストレスが多い現代社会で、一番ほっとできる場所と言えば、多くの方が自宅と答えますが、そんなストレスと闘う現代人にこそおすすめしたいのが観葉植物です。居間やリビングに緑があると、不思議と心が落ち着くもので、ぼっーと眺めているだけでもリラックス効果があります。今まで植物を育てたことない人は、初心者でも育てやすいシェフレラ・アルボリコラという種類を選ぶとよいでしょう。寒さにも暑さにも強く、ある程度の日陰であっても問題なく育ちます。サイズもコンパクトですので、部屋のインテリアとしても抜群です。ホームセンターなどでも販売されていますので、試しにはじめてみるには最適です。自宅だからこそ、あなたに一番あった方法でリラックスをすることが重要です。緑のある生活はきっとあなたの生活に潤いを与えてくれることでしょう。

観葉植物は飾り方でインテリアになります

観葉植物は、そのままでもいいのですが飾り方を工夫することでおしゃれなインテリアになります。たとえば買ってきたままの鉢で育て続けるのではなく、お気に入りの陶器の鉢に移し替えたり、鉢を揃えたりすると統一感があります。そのままの鉢でも、棚にいくつか並べておいたり、専用の場所を作ってあげたりするとすっきりとします。置き場所があまりないなら、ハンギングにして壁に吊るすとおしゃれですし、空間を上手に使って飾ることができます。垂れ下がるタイプの植物なら、ハンギングにするほうが効果的に見せられます。また最近流行っているのがテラリウムというガラスの器です。ガラスの容器の中で植物を育てると言うもので、ちょっとしたおもちゃ感覚がおしゃれです。インテリアにもなりやすいので、テーブルの上にも飾れます。インテリアに植物を取り入れると癒し効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*